初心者の方がiPhoneを選ぶ際の理由になるバックアップサービスを紹介します。

Apple自身がこのサービスを提供しているからこそ、安心してiPhoneを選べるといってもいいですね。

02


iPhoneのデータをバックアップする方法は2種類あります。

1、iCloud.comを使う
2、iTunesを使う

Androidと比較してもデータのバックアップ・復元はiPhoneの場合、超簡単です。
初心者には、ほんと優しい機種です。

iPhoneユーザーのほぼすべての人がiCloud(アイクラウド)を使っていると思います。
backup

iTunesにバックアップを取るには、iTunesをインストールするパソコンがないとダメですからね。
最近は、パソコンを持っていない人が多い。
あるいは、持っていても、バックアップのためにパソコンに接続するのは面倒

まぁ、当たり前ですよね。

動画が沢山ある場合は、iCloud(アイクラウド)のワイヤレスではデータが多すぎますから、
iTunes経由は便利ですが、それ以外はiCloud(アイクラウド)がいいですね。

iCloudiCloud(アイクラウド)だけあれば良いという感じです。
バックアップしなくちゃ、と意識しなくても、いつの間にか裏側で自動的にどんどんバックアップしてくれている。

頼もしいiCloud(アイクラウド)です。

iPhoneをなくしたり、機種変更して新しくなっても、
iCloud(アイクラウド)から復元するだけで、すぐ元の状態で使い始めることができます。

ちょっと前までは考えられないことでしたね。

機種変更のたびに、電話帳の情報を手打ちしたりしていましたから。

ほんと便利になったものです。

iCloud(アイクラウド)があるから、iPhoneを使う。
そういう人も多いみたいです。

iPhoneを選択するときに一つの動機づけになるほど、頼もしく、しかし、
まったく日常は使っていることを意識させない。

iCloud(アイクラウド)すごいです。

SB公式オンラインショップ
↓ ↓ ↓ ↓ ↓