安くiPhoneを探す一つの方法として、白ロムがあります。

白ロムとは、キャリアのSIMが入っていない、単なる端末。
端末のみなので、そのままでは通話とかができないとういことです。

rom


月割賦の残債が残っていたりすると、赤ロムとか呼ばれています。
詳しくはよくわかりませんが、白ロム業者がチェック入れているので、月割賦が残っている端末を購入してしまうことはないようです。

で、
iPhoneの白ロム。

ちょうど、iPhone5(ファイブ)が新発売されたばかりですから、
旧機種の中古、白ロムは一気に値が下がっているようです。
4
iPhone4やiPhone4Sでも、機能的にはまだまだ、何の遜色もなく現役で使える機種ですからね。

Androidやその他携帯と違って、
iPhoneは一世代あたりの息が長い携帯としても有名です。

Androidなどは、次々と矢次にコロコロとモデルが変わるし、
基本ソフトが入れ替わる。

iPhoneはAppleが端末も、端末内のソフトも両方手がけているので、
そのあたりは一貫性があり、初心者でも手が出しやすい感があり、安心です。

Androidは、多少土地勘がないと、
とんでもない粗悪品を手にしてしまう、安物買いの銭失い、ということになりかねません。
001
iPhoneは、その心配をしなくてもOKなのです。

とにかく何が何でも、最新機種のiPhone5(ファイブ)でなければ!
っと考えている人は、意外と少ないようです。

iPhoneであれば、一世代ぐらい前でも全く問題ないよ
そういう人も多くいます。

そういう人にとって、白ロムは、

特にiPhoneの白ロムは手が出しやすいですね。

中古品であっても、価格にあまりムラがありませんし、分かりやすいです。

また、手元にある携帯を白ロムとして売る、ということもできますので、
一石二鳥とはこのことです。

白ロムのiPhone、いくらぐらいなのか、みてみませんか?

見ているうちに、欲しくなる可能性大ですが。。。(笑)

iPhoneの白ロムを格安で手に入れる
↓ ↓ ↓ ↓ ↓