なんだか最近、ちまたが物騒で、
個人情報をクラックされるなんってことを多々、耳にする用意なりました。

特に有名な方とか、たまにいますよね。
評論家や、ジャーナリスト。

Gmail_logo

世の趨勢で、殆どの人はクラウドサービスとは無縁ではいられなくなっています。
便利ですからね。
かかるコストも、タダみたいなものだし。
そりゃ、みんな使いますよね。

特にGmailとか。
私の友人をみても、Gmail使っていない人はいないです。
パソコンやスマホと連携するのに便利だし、何かのサービスに登録する際のIDとしてGmailが使えるので、便利です。

アカウント名とパスワードだけでクラックできてしまうので、
あるいみ危ないとういか、脆いシステムです。

そこで、Googleは、2段階認証プロセスを導入しました。
img_ez_top041つ目のパスワードを正しく入れて、
2番目のパスワードも正しく入れて(携帯に表示される)、
それではじめてGoogleのアカウントへのアクセスが許可される。
素晴らしい!

でも、
セキュリティと使い勝手というのは、相反するものがあるのは仕方ありません。

便利だと危ない。
より安全にすると、面倒だ。

まぁ、ネット社会ですから安全を優先させるべきだと思います。

皆さんは、Googleの2段階認証を導入されていますか?

02私も面倒で、つい先ごろに重い腰を上げ、やって見ることにしました。
やってみた感想は?

ま、
意外と簡単でした。

もっと、早く導入してもよかった。
そう感じました。

Googleのページに書いてありました。



2 段階認証プロセス
2 段階認証プロセスを導入すると、Google アカウントのセキュリティをさらに強化することができます。ログインするときに、ユーザー名とパスワードだけでなく、本人の携帯端末も必要になるからです。誰かがあなたのパスワードを盗んだり推測したりしても、あなたの携帯端末がなければログインはできません。

>>Google セキュリティ




googleパソコンログインの際に、iPhoneアプリ(Google authenticator)から生成されるパスワードを都度、入力する必要があります。

もちろん、Google公式アプリで、どういうアプリなのか?

6桁の数字が30秒?毎に変化します。
その時間内にGoogleサービスで求められたパスワード入力欄へiPhoneへ表示されたパスワードを入力します。

Gmailの場合。
1、アカウント名を入力
2、パスワードを入力
3、iPhoneのアプリで生成された6桁の数字を覚えて、時間内に入力
4、正しければ、認証後ログイン

こんな感じです。
確かに、セキュリティはばっちり、という感じがします。

GoogleAuthenticator_2


でも、不便なこともあります。
Gmailはこれでいいすが、Googleカレンダーや、Googleリーダー(RSS)などへログインする際にはん、
ちょっと違った手順となります。

あらかじめ、アプリケーションの2段階認証用のパスワードを用意しておかなくてはいけなせん。
これについては、また機会あれば書こうと思います。

まずは、セキュリティ的な観点から、
Googleの2段階認証プロセスを導入されることを強くお勧めします。

SB公式オンラインショップ
↓ ↓ ↓ ↓ ↓