北京時間 2012年10月5日 Foxconn鄭州工場にて大規模ストライキ発生

iPhone5のラインは終日麻痺状態

2012105164923299


サプライチェーンの労働問題を独自に扱う

「中国労働ウォッチ」
http://www.chinalaborwatch.org/news/new-433.html

によると、
Foxconnはきちんとした職業訓練をせずに、過度に厳しい品質水準を要求しているとういストライキだそうです。

品質管理が厳しすぎるとして、従業員が休むことができず、としています。

さらに、
「工場の管理と、Appleは、設計上の欠陥にもかかわらず、0.02mmのくぼみ規格を含む労働者に厳しい品質要求、およびフレームの傷に関連する要求とバックカバーを調達したと報告」

品質検査官が暴行を受けてケガをした、的なことも書いてありますね。
大丈夫でしょうか。

早急に復旧し、世界中の需要をスムースに満たしてくれるといいのですが。

ちなにみ、iPhoneの約70%が「Foxconn鄭州工場」で組み立てられています。

鄭州工場といえば、現AppleCEOのティム・クックが訪問したことで有名になった場所です。

a7bfc8fa-s


工場内だけで12万人も働いているそうです。

その際は、労働者の権利と人権でAppleが介入した、ということがあります。
http://www.apple.com/jp/supplierresponsibility/


Appleが相当厳しい品質水準を要求していることがわかります。

foxconnストライキは困る反面、製品を使う我々からすると、
そのこだわりは嬉しく感じますね。

そんなに真剣に製品を作ってくれているのだと。

私のiPhone5、早く入荷連絡こないかなぁー。

SB公式オンラインショップ
↓ ↓ ↓ ↓ ↓