203747_300米ティーンエイジャーの間では、数あるスマホのブランドでは、
iPhoneが圧倒的な地位を築いているという。

米Piper Jaffrayは毎年二回ティーンエイジャー対象のアンケート調査を行なっている。
サンプルは7,000人強、平均年令16才

iPhoneとサムスンなど他のブランドとのスマホ比較になるが、
iPhoneは年々上昇し、今ではダントツのトップ。

スマートフォンを所有してるティーンエイジャーの
約60%がiPhoneという結果が出た。
すごい数ですね。
0913_apple_iphone5_02_120913072040アメリカの調査なので、Apple人気というのもその理由なのかも知れませんが、

やはり、ブランドという観点からみるとAppleは持っていて楽しい、持っていてかっこいい、持っているだけで気持ち良い、
という欲求を満たしてくれる製品と言えます。

特にブランドに敏感なティーンエイジャーの統計ですから、
彼らがおとなになった時も、使い慣れたApple製品を購入し続けるのでしょう。

また、調査では、
富裕層の両親をもった高校生のiPhone率が高いことも上げています。

さらに、
iPadは70%以上のティーンが購入したいと回答している模様。

ブランドにこだわるのは、ある程度経済的に余裕がある、という証なのでしょうか?

iPhoneは携帯電話なので、製品としての購入だと価格が障壁になる可能性もありますが、
価格差は携帯通信事業者携帯通信事業者が吸収してしまうので、ここまで圧倒的な勝利になるのでしょうね。

値段が同じだったら、かっこ良く、クールな製品を選択する人は多くなるでしょうから。

それにしても、iPhone5はまだ待ちが続くようです。

今日発表されたニュースだと、新規予約で2~3週間待ちということですが、16GBは依然品薄。

64GBは早期入荷の可能性が高いようです。

私は16GB白なので、当然まだ手元に来ていません。

ソフトバンクショップからの連絡は、いつになるやら。
SB公式オンラインショップ
iPhone5入荷情報もあり
↓ ↓ ↓ ↓ ↓