iPhoneのGoogleアプリがアップデートされ、より使いやすくなりましたね。

iOS標準搭載のSiri音声操作よりも、Googleの音声検索のほうが認識精度高く、使いやすいのではないかと感じています。
まぁ、今後Siriの精度が高くなり、日本ではサービス提供外となっているエリア情報との連携がうまく動作し始めると、便利になるかも知れません。

でも、Web検索について今のところはGoogleに軍配が上がりそうです。

検索におけるSiriとGoogleアプリの比較


illust3520私の感じた体感的な部分です。
Siriは、なんだかもっさりしているというか、緩慢ですね。反応が。

たまに考えて、ひかりの輪がクルクルまわって戻ってこない時があります。
あきらかにレスポンスが悪い時が多々あります。

日本だけで、米国では違うのかも知れません。

Googleのアプリは、キビキビしています。
スパスパと、気持よく反応しているのが感じ取れます。

これは、ちょっこっと検索するときに使ってみようという気になります。
実用的というか、日常的に使えるレベルに達していると思います。

01
音声検索をタップします


これは、すごいなー。Google。

02
かなり早口で小さな声で話をしても認識しています


もちろん、私はApple好きなので、Appleを応援していますが、断然Googleに軍配が上がります。

03
音声認証が早く、検索もスパっと表示されます


圧倒的にGoogle。10人使って、10人とも同じ感想になるのではないでしょうか?

ウェブ検索だけですが。
音声でアラーム設定したり、リマインダー設定したり、メールや電話したりはSiriしか出来ません。

でも、こういったこともGoogleにやらせるとアプリのようにキビキビできて気持ちよくなるのか?
と期待してしまいます。

まぁ、期待してもGoogleが音声でiOSを操作するようにはできませんが。

とにかく、今まで使ったことがない方もGoogleアプリで音声検索を試して見ることを、強くオススメします。

驚きますよ。

>>Googleアプリ

SB公式オンラインショップ
iPhone5入荷情報もあり
↓ ↓ ↓ ↓ ↓