この冬休みや、年末年始にディズニリゾート(ディズニーランド・ディズニーシー)へ行く人は多いのではないでしょうか?
ディズニーに行った時に必要な情報といえば、たったの2つです。

地図と待ち時間


そうです。
地図と待ち時間。
この情報さえきちんと正確に把握していれば、より効率よく快適にディズニータイムを満喫できると言えます。

逆に地図と待ち時間の情報収集がきちんと出来ていないと、無駄な経路や無駄な時間を費やし、せっかくの貴重なディズニーリゾートの時間をより良く活かせません。

また、彼女や彼氏、あるいはご家族といったパートナーの尊敬を勝ち取れるのも、地図や待ち時間の情報を把握してディズニー内の行動を仕切ることが出来てこそ、です。

頼りにされる人になるためにも、アプリに頼りましょう(笑)

地図 for TDR


ディズニーリゾートは広大なエリアです。
何度も行って慣れて土地勘のある方ならば、大まかな方向性は体が覚えていますから、迷うことはないでしょう。

しかし、全く一体ことのない人はもちろん、ほんの数回程度では何がなんだか分からない状態だと思います。
やはり、地図の情報は大きく活躍することになります。

地図といえば専用の有料地図アプリなんかダウンロードしなくても、Googleマップがあるじゃないか
私はそう思いました。

10

Googleマップで見たディズニーランドの広場

グーグルマップでディズニーランドの広場を比較してみました。
これ、全く違いますね。

単に全体像を把握したり、行きたい方向が明確でわかっているならば、Googleマップでも良いでしょう。
しかし、どこに何があるのかわからないというディズニー初心者にとっては、ディズニー内部は未開の地。

32

地図 for TDRでみたディズニーランドの広場

地図 for TDRのように、どこに何があるのか丁寧に提案してくれている地図でないと、行動を起こせません。
そういう意味では、たったの350円でその情報が手に入る訳ですから、ただみたいなものです。

今はセール中で170円ですが、いつまでこのセール価格なのかは、不明です。
170円表示になっているようならば、急いでダウンロードした方がいいですね。


そして、ディズニーの待ち時間も一緒にこのアプリで見ることができますが、公式ページへのリンクをしているだけに過ぎません。
つまり、ディズニー公式ページの待ち時間をアプリに表示させているだけ。
待ち時間は、この後のアプリが良いと思います。無料ですし。

TDR Wait Times


待ち時間を調べる専用のアプリ。
もちろん、ディズニーランドと、ディズニーシーの両方があります。
このアプリの何がすごいのか?

30


地図アプリの中に入っている待ち時間は、いわゆる公式サイトであるとイイました。
このアプリは、Twitterベースのタイムラインがリアルタイム待ち時間としてツイートされています。

つまり、公式ページの大まかな目安としての待ち時間ではなく、
リアルタイムに多くの人が情報発信している待ち時間なのです。



公式ページよりも正確な待ち時間と言っても良いでしょう。

ディズニーを楽しむには、上記の2つのアプリをiPhoneにダウンロードしておけば心配ありません。
もう一つ心配はバッテリーですね。

iPhoneのバッテリーはAmazonで安いのを一つ購入しておけばよいでしょう。
>>iPhoneバッテリーAmazon