2013年年明けの米調査です。今年、家電全般で消費者が欲しいと思っているものは何か?という調査でiPhoneが23.5%で第一位となっています。
ソース元:thenextweb.com

1位はiPhone


hands1位 23.5% iPhone
2位 21.6% Androidスマホ
3位 17.4% ポータブルパソコン
4位 15.3% iPad
5位 12.5% スマートテレビ
6位 12.5% デジタルカメラ
7位 12.2% ブルーレイプレーヤー
8位 12.1% デスクトップパソコン
9位 10.7% Androidタブレット
10位 9.8% 電子書籍デバイス

調査は年明け半年後の購買意欲を見ているということです。
アメリカではiPhoneの浸透率がAndroidよりも高く、好調ということですが、それでもまだiPhoneを欲しいという人がいるんですね。
ipadmini
まだ購入していない人は多いみたいです。
あるいは、Androidスマホを購入して使っているがiPhoneに興味があり乗り換えたいという人もたくさんいるでしょう。

もちろん、その反対も。

iPhone miniの噂がかなり具体的出てきているので、本当に登場するとなるとその辺りの影響も大きなインパクトなるのかも知れません。

一部のAppleファンの間には、iPadの7インチ版であるiPad miniがなまじ成功してしまっているので、Appleが変な方向へ行かなければいいな、という懸念をしている人もあるようです。

つまり、iPhone miniを登場させることはAppleのブランド力を失墜させることになる、という考え方なのだと思います。
私もそう思っているうちの一人ですが。

期限せまる!ソフトバンクユーザー「かいかえ割」



ソフトバンク携帯を持っている人がiPhone5に買い替えると、「かいかえ割」の適用になります。
いよいよ、1月31日が期限ですから、迷われている方はお早めに。

1年間、かいかえ割で1,050円毎月割り引かれます。

期限せまる!ドコモ・auからソフトバンクへ「スマホタダ割」



こちらも、1月31日がキャンペーン申込み期限となっています。

ドコモ又はauの契約の方は、ナンバーポータビリティー(お使いの番号をそのままでソフトバンクへ移行)だと、ホワイトプラン月額980円が2年間も無料になります。

めっちゃ、お得ですね。

迷っている方は、お早めに!
尚、iPhoneはネット通販可能でソフトバンク公式サイトから手に入れることが出来ます。

忙しくてソフトバンクのショップに行っている暇ないよ、という多くの方がオンラインでiPhoneを購入していますのでぜひ、アクセスしてみてください。