2013年(今年)に登場するiPhoneについては、ウワサがだいぶ出ていますが、ほぼ同じような内容で落ち着いてきているようです。
細かなスペックはいずれにしても、大筋では、写真のような2種類になるという予測が多い用に思います。
ソース元:cultofmac.com

iPhoneは2種類登場するのか?


iPhone5S(又はiPhone6)は複数の色で登場してiPod touchのようになるのでしょうか?
色はtouchと同じではないにしろ、複数色の噂がかなり流れています。

でも、touchの最近気色は「黒」であることから、複数色の意味があるのか?と疑問に思ってしまいます。



また、iPhone miniは廉価版iPhoneとしてAndroidにやられっぱなしの低価格市場に対する切り札とも言われています。
素材は、ポリカーボネイトが有力のようです。アルミはコストが高いですからね。


touchのように、落とさないような配慮もされるかもしれませんね。

久々にクールなAppleらしいCM


iPhoneの話しから、外れてしまいますが、iPod touch(第5世代)のCMは、久々にAppleらしいクールなCMですよね。
あの楽しそうに跳ねる様子、そして音楽のチョイスが最高です。

このCMのように、Appleらしさを思い切り製品にフィードバックしていけば、まだまだAppleのクールさの革新は続くのではないではないでしょうか?

iPhoneのCMや長らく続いた人影が踊るiPodの古いCMなど、イメージ的にちょっとAppleのクールさが不足しているような感じを受けてしまいます。

CM iPod Touch 5th




Willy Moon - Yeah Yeah



Yeah Yeah - Single - Willy Moon

そういう意味では、iPod touch(第5世代)のCMは、久々に「来た!」という感じしました。
Appleには、がんばってもらいたいです。

余談ですが、CMのiPod touchはもちろんCG。あれだけリアルなCGを作れる代表的な企業といえば、「ヤッパ」ではないでしょうか?