曲面ガラスを利用した腕時計
ウワサとして何度も出てきているApple製の時計です。ここのところ、Appleの株価が下降しているのと合わせて、次期の革新的なデバイスの登場が待ち望まているということでしょうか。
ソース元:cultofmac.com

身につけるデバイスの登場


身につけるデバイス、いわゆる「スマートトラッカー」と言われているものですね。ウェアラブルデバイスという呼び名でも良いのでしょうか?

いずれにしても、身に着けていて生活習慣や活動、運動のデータを蓄積&フィードバックを自動化・デジタル化してくれるという機器の事ですよね。


以前に書いた記事→スマートトラッカー

ナイキのアームバンド?や、Apple元CEOがジョイントしているミスフィット社の「シャイン」、リストバンドの「UP」など、沢山のスマートトラッカー的なデバイスが最近多く見受けられます。



多くの人が待ち望むコンセプトであるのに違いはありませんが、どこれも帯に短したすきに長し、といった印象です。
私は実際に上記のどれも使ったことはありませんが、使ったことのある人のレビューブログなどをみて情報収集しています。
illust327
はっきりいって、欲しいです。スマートトラッカー的なデバイス。
欲しいのに、「これ!」っといった製品がないゾーンなので、Appleにぜひ本気で参入してほしいなと思います。

生活習慣や、健康管理、運動管理などがひとつのデバイスで出来れば、素晴らしいことですよね。
だからこその、iWatch登場のウワサだと思います。

スマートトラッカー的なデバイスを、AppleはiWatchで表現するのではないのか?っということです。

Apple社の過去の製品登場年


スティーブ・ジョブズが復帰して、Appleの第2創業といってもいいほどの再建がスタートしたのは1997年でした。
以下、おおまかに製品登場の年度です。

jobs_amelio
手前がスティーブ・ジョブズ|後ろはギルバート・アメリオ


1997年 AppleのNeXT社買収でスティーブ・ジョブズが復帰
d8baf7401998年 iMac
2001年 iPod
2007年 iPhone
2010年 iPad
2013年〜2014年 iWatch?

改めて製品年を振り返ってみると、そろそろ次の革新的な製品が登場しても良いのでは?っと思いますよね。

iPhoneで儲けたキャッシュが沢山あるので、株主に配当を増やすとか言っていないで、次の製品にどんどんつぎ込んで、ワクワクさせて欲しいと思います。

iWatchが登場するのかは、分かりませんが、それに近いコンセプトの製品の登場はあり得そうですよね。