screen-shot-2013-06-18-at-11-56-12-am
9to5mac.comにて紹介されていました。ブラウザでiOS7を疑似体験できるんですね。すごい!
何となく雰囲気を味わってみたい、という方にはぴったりではないでしょうか。iOS7はお金を払って開発者登録すれば誰でもベータ版をインストールできるのでしょうけど、iOS7をちょこっと試してみたいために、そこまでしないですよね。

電源ボタンをクリックしてスタート


最初、読み込むのにちょっと時間がかかるようです。まぁ、大した時間じゃないですけど。

iPhone最上部の電源ボタンをクリックしてスタートというところが、本物っぽい使い心地の再現ということで、面白いですね。

billboard_ios7_hero


今まで何気なく見ていたiOS7のロック画面ですが、上からと下からと両方からスライドして、それぞれ通知センターとコントロールセンターが出てくるんです。

そうなっていたのか。知らなかった。。。

フラットデザインは見慣れるか


WWDC基調講演でiOS7のフラットデザインを見た時は、今までと比較するとポップ過ぎるというか、軽すぎるというか。
そんな感じがしていました。

04


そう思った方は多いでしょうけど。

擬似的にですが、全体像を見ると、これはこれで「あり」なのかな、という感じがして来ました。

アプリケーションは開くだけでほとんど動作しませんが、全ての外観がフラットで統一されているので、使いやすそうです。

01


電話アプリを見ると、既存のiOS6は直線で区切られた状態ですが、iOS7では数字が丸く囲われています。

02


これだけで、随分と印象が違ってきますよね。

電話番号をクリックして「Call」ボタンをクリックすると、実際に電話をかける動作まで擬似的に行なってくれます。

03


iOS7では、このように動いて、このような外観で使うんだ。

そう思うと、楽しくなりますし、早く実際のiOS7をインストールして使ってみたいというワクワク感があります。
>>iOS7 Demo