map
上図は東京の山手線周辺で使われたスマホアプリのTwitter使用状況。
mapboc.comにて、グーグルマップなのでしょうか。真っ暗で分かりにくいですが、スマホで使うツイッターアプリの使用状況をiPhoneとAndroidに色分けした点で表示されています。

東京、大阪、名古屋


日本では、圧倒的に東京が多く次いで大阪、名古屋という順に明るくなっています。
iPhoneの赤い点と、Androidの緑の点でいうと、iPhoneの方が多いような気がします。

map00

単に赤い色が目立つのでそのように見えるだけなのでしょうか?
東京はiPhoneが真ん中に集まって濃くなっているのが分かります。

私の住んでいる静岡県東部では、Androidが多いような気がします。
全体が暗すぎて文字が地図の見にくいのですが、私の住まいの近くへズームアップすると、圧倒的にAndroidが多い事がわかりました。

map02

なんか、見ていて面白いですねー。

世界のスマホ使用(Twitterアプリ)


今までアナリストレポートなどで出てきた統計的な数字が、ほぼそのまま地図に反映されている感じですね。
当たり前ですが。

例えば、おとなりの韓国はサムスンの本拠地なので、iPhoneよりもAndroidが多い。
スペインも、統計通り、Android。

sg3vsip5

やっぱり、アメリカはiPhoneが多いですよね。

マレーシアとか、インドの方って、BlackBerryが結構目立ちますよね。どういうことなのかは分かりませんが、まだ存在価値があるようです。