gmail
9to5mac.com
GmailにあるGoogle連絡先を使っている人は少ないのと思いますが、iPhoneと同期が簡単になると、使ってみたくなるのではないでしょうか?
今まではCardDAVのアカウントを追加するという、ちょっと面倒だったので、iOS7からは簡単になるようです。

iOS7ではオン・オフの切り替えのみ


iOS7では、アカウントにGmailを登録すると、Google連絡先の同期を行う、オン・オフが追加されているようです。

iOS6までは、グーグルアカウントを登録した際、メール、カレンダー、メモの3種類でした。
すごく便利になりますよね。

712775ba


レポートが伝えている通り、Google連絡先をiPhoneと同期して使っている人はあまりいなかったようです。

スイッチのオン・オフ切り替えという、簡単な設定になれば使いたい人は多くなるのではないでしょうか。

iPhoneデフォルトの連絡先はiCloudでバックアップ取ってくれているので、それはそれで良いのですが、
Macを使っていると、連絡先アプリを開かなければなりません。

ちょっとしたことだけど、面倒なんですよね。

Gmailはずっと開いたままの状態なので、そこから連絡先を見つけることが出来れば、そのほうが便利です。

iOS6までは初心者に難しい


iOS6の場合は、Gmailアカウントの登録がありますよね。
で、
iCloudやAppleIDもGmailにしていると、iCloudでGmailアドレス登録したよね?
なぜ、同期しない?

別途、Gmailをもう一度同じ物を登録しないとダメなの?

などなど、初心者のかたは、混乱したと思います。
私も、混乱して、何がなんだか分からず、考えるのも面倒な状態になりました。

iOS6でGoogle連絡先を使うとなると、以下の手順が必要でした。

gmail_carddav_20120928_10


設定 > メール/連絡先/カレンダー >

 アカウント追加 > その他 > CardDAVアカウントを追加

実に4階層もタップしなければ、設定画面に行けなかったのです。
これでは、分かりにくいですよね。

その辺りが、iOS7では、簡単になったということです。

メールアドレスも、メッセージ用とパソコン用と2つあるので、分かりにくかったりしますよね。

例えば、ソフトバンクだと以下の2つになります。

・aaa@i.softbank.jp
ios7-011


・aaa@softbank.ne.jp
ios7-013


上は、メールアプリで扱うメールアドレス。パソコンと同じ扱いですよね。

下は、ガラケー時代のキャリアメールと説明すれば分かりやすいでしょうか。iMesseageで使うものですね。
あの吹き出しのやつです。



たぶん、初心者のかたは、この辺りで混乱するのではないかと思います。
iOS7でユーザーに優しい設定になっているといいですね。