00
公式ソフトバンク
ガラケーからのいわゆるケータイメールだった「softbank.ne.jp」MMSが、ようやくパソコンから送受信可能いなりましたね。
これは、うれしいです。
iPhoneからの文字入力って、使い慣れないので、面倒でした。パソコンからキーボードで文字入力ができるようになれば、早くて快適にメッセージを送信出来ます。

MMSとは、どんなもの?


02・MMS
ガラケーから存在する携帯メールのことです。
ソフトバンクの場合は、「softbank.ne.jp」となっています。

iPhoneのメールアドレスと分かりやすく区別するために、「ne.jp」を赤文字にしてみました。
大した意味はないです(^^;

メッセージ」アプリを使い、相手と交互に吹き出しが表示される外観で有名ですよね。

通知方法はプッシュ通知になります。

2013年8月29日より、ソフトバンク契約の画面、「マイソフトバンク」にて操作すると、
パソコンでも送受信可能な状態になります。

iPhoneは「S!ベーシック」契約(315円)必須になっているので、無料で使える事になります。

・パソコン送受信の何が便利なの?

1、パソコンのキーボードを使う文字入力なので、スピードが早くて快適です。
 また、パソコンの大きな画面で操作できるので、快適ですよね。

2、iPhoneが電池切れになってしまった、あるいは手元にiPhoneを持っていないなんて場合に、
 パソコンからメールの送受信が可能です。

3、iPhoneを紛失してしまった場合、パソコンからメッセージの送受信が可能です。

4、MMSがクラウドに保存されるので、機種変更してもメッセージはそのままです。

メッセージって何種類あるの?


初心者の方がiPhoneを使う際、まず最初に迷うのがメールを含めたメッセージ機能が多数あることです。

最近では、TwitterやLINE、Facebookを使うので、メッセージアプリやメールは使わないという方も多いかもしれませんね。
私はソーシャル系をあまり使っていませんので、メッセージのパソコン対応は非常に嬉しいです。

・MMS
上記に説明させていただいた通りです。

○○○@softbank.ne.jpのアドレスを使います。


・SMS
これは、メールアドレスを使わないで、携帯の電話番号で送受信可能なテキストメッセージです。
70文字という文字制限があるので、簡単なテキストしか扱えません。

iPhone5_SMS


ソフトバンクの回線を通じて通信しているので、Wi-Fiでは送受信できません。
3Gまたは4G-LTEの範囲内で使えるメッセージです。

MMSと同じく、iPhoneの「メッセージ」アプリを使います。

・Eメール
05これは普通のパソコンメールと同じです。
iPhoneの場合「○○○@i.softbank.jp」となります。

MMSアドレスとの違いが分かりますでしょうか?

iPhone初心者の多くの方がこのアドレスを使っています。
私はこのEメールは使わずにMMSを使っています。

Eメールはフェッチ通知(設定した時間の間隔でメールサーバーにメールを送受信する通信を行う)
MMSは既に書いたように、プッシュ通知(強制的にプッシュされてきます)です。

ソフトバンク回線の圏外であっても、Wi-Fiが使えれば送受信可能です。

・iMessage
Apple独自のメッセージで、相手がiPhone・iPad・iPodタッチであれば送受信出来ます。
03

これも、MMSと同じ「メッセージ」アプリを起動して使います。
どうやって使うのか、相手をどうやって指定するのか、イマイチわかりません。

私は使ったことないです。

複雑に感じる他の設定アカウント


上記だけでも、初心者にとっては、充分複雑に感じることと思います。
私はApple歴が長いのに、最初iPhoneを手にしたときはわけが分からず混乱しました(^^;

icloudphone


メッセージのアカウント以外にも、
Gメールの設定や、AppleIDの設定、iCloudの設定&icloud.comの取得など、
ほんと、分けわからなくなりますよね。

まぁ、1つずつ丁寧に設定していくと、なるほど!っという感じで便利に使えますので、ぜひトライしてみてください。

もうちょっと統合されたアカウントしてに、分かりやすくなるといいのですけどね。