Apple-A7-bite-me-Samsung-e1365604574460
9to5mac.comによると、iPhone5SのA7チップは、直前世代A6と比較して31%高速化している、ということです。
モーショントラッキングとはなんの事?ということについて、触れてみました。(動画あり)

デュアルコア・64ビット


a6
iPhone5のA6チップと同じく、A7チップもデュアルコアのままだと伝えています。
しかし、A6は32ビットで動作していましたが、A7は32ビットと64ビットが動作するようです。

ただし、A7の世代ではなく、A8世代で64ビットを正式に動作させるためのテストを行っているだろう、とも伝えています。

モーショントラッキングって何?


モーショントラッキングカメラとは、学習するカメラとも言われています。
iPhone5のカメラで人の顔を、四角い枠が追いかけて撮影できますよね。

その機能の強化版と考えるとわかりやすいのではないのでしょうか。
まずは、動画を見ていただくと、そのすごい機能が理解できると思います。



つまり、カメラの撮影がしやすくなる、ということになるのだと思います。
素人でも簡単に、質の高い撮影が可能になる、っと。

違うかな(^^;

また、同じくモーショントラッキングのチップを利用していると思うのですが、
(訂正:スローモーションはモーショントラッキングとは、関連がないそうです。)

ギャラクシーのよな120fps(120枚/秒)のスローモーション撮影ができるようになる、ということです。

以下の様な、感じですね。


iPhone5Sでスローモーションが撮影できるようになると、何が良いのかわかりませんが、
とりあえずは面白そうなので、スローモーションで撮影してみたくなりますね(^^)

動画を撮影する機会が多くなるとすると、容量の大きなiPhoneをチョイスした方がいいのかな、と先へ先へ話が飛躍してしまいそうです。

指紋センサーについては、確証を得たような記事ではありませんでしたが、一体どうなるのでしょうか?
結構、指紋センサーを楽しみにしているのですが。。。(^^;