32
idownloadblog.comにiCloud関連の記事がありました。
iCloudとは、Appleが運営しているインターネット上にあるオンラインの保存庫であり、Webサービスですよね。
多くの人はiPhoneやiPadでiCloudを使っているのでご存知のことでしょう。

iPhoneで使うiCloud


初心者のかたは、インターネット上に大切なデータを保存するというと、不安や怖さがまず頭に浮かぶかも知れません。
まぁ、実際100%の安全ということはあり得ないのかもしれません。

keychain_image
でも、iCloudはAppleが運営していて、256ビットという高度な暗号化で通信・保存するため、安全性は高いようです。


連絡先の友人や家族や仕事関連の個人情報、インストールしてあるアプリ、写真、iPhoneの初期設定、クレジットカード情報まで扱うらしいです。

そられはAppleIDを介して、複数のAppleデバイスで共有することができるので、便利ですよね。

keychain_icon
最近では、MacのSafariブラウザに入力するパスワード類もiCloudに保存され、AppleIDに紐付いた他の端末でそのパスワードを自動入力として使うことが可能になりました。

えっ?iCloud使ってないの?


iPhoneを紛失したり、買い替えたりした時に、
iCloudのバックアップしているデータがあれば、すぐに使っていた状態に復元可能です。

backup_image

iPhoneを落とした、壊した、水に入れたなど、iPhoneに保存されているデータがNGとなるケースは多々あります。
持って歩くモノだけに仕方がないですよね。

でも、今まで使っていたデータまで失うのは、日常生活ができなくなるほどのダメージを受けてしまう事もあるでしょう。

そんな時にiCloudにデータが残っていれば、安心です。

しかし、友人のご家族でiPhone5ユーザーなのにiCloudを使っていない、という驚くべき事例に遭遇しました。
普通はデータが大事なので、必ずiCloudを使いますよね。

不思議に思って、質問してみました。

設定が分からない?


なぜ、iCloudを使っていないのか?
っと。

そうすると、
iCloudの仕組みや設定が分からず、面倒なので使っていなかったということです。
(その後、設定を行い、使い始めたとのこと)

まぁ、普通にiPhone5を使う分には、
iCloudは必ずしも必要なサービスではないですからね。

00
でも、怖い!怖すぎる!
万が一の場合は、どうするつもりだったのでしょうか。

簡単なiCloudの設定方法は、Apple公式サイトにありますので、ご参考まで。
|Apple公式

ソフトバンクも詳しく説明してくれています。
iCloud の初期設定をする

iCloud専用メアドも付与


iCloudに登録すると、専用のメールアドレスも付与してくれます。
「○○○@icloud.com」
というメアドになります。

まぁ、私は特に使っていませんけど。。。(^^;
基本、Gmailなので。

また、なくしてしまった自分のiPhoneを探す。
友達を地図上で探すということも、iCloudにてできる様になります。
iPhone5s(指紋センサー)とiPhone5c(カラー)の詳細