image-1a587
bloomberg.comによると、Appleは2014年に登場させるiPhoneで、大画面化と曲面ガラスを使用する、と伝えています。
過去の例に習えば、来年はiPhone6という大きなリフレッシュになることが予想され、楽しみです!

曲面ガラス


2014年に登場するiPhoneということは「iPhone6」というネーミングになるとう予想できます。
そのiPhone6はタッチ部分のガラスが曲面に湾曲されたものになるという、噂ですね。

no title
既にAppleから特許が出願されていて、2013年のiPhoneが曲面ガラスになる可能性も指摘されていました。

また、過去にはiPod nanoに曲面ガラスが使用された事がありましたよね。
0011
今回の曲面ガラスと同じではないのでしょうけど、見た目はラウンドしていてディスプレイ部分のガラスは平面ではありませんでした。

inphone-6-look

さらに、米ブログを見ていると、曲面というのは凹凸どちらになるのか?
っという噂もあるようです。

曲面という言葉から、出っ張ったラウンド型というイメージでしたが、
逆にへこんだ曲面ということも考えられるようです。

そして、タッチスクリーンは弱いタッチと強いタッチを認識できる、
感圧タッチになる、と書いてあります。

タッチの違いを認識できるという技術が、ユーザーの使用感にどのようにフィードバックし貢献するのでしょう?
楽しみな部分です。

ディスプレイ大画面化5.5インチ


Android系のスマホが大型ディスプレイを登場させてから、Appleにも大画面をという声は常に有ります。
2013年に期待する声もありましたが、登場しませんでしたね。

iPhone6-Blanc-02
私自身も、大画面のiPhoneと普通の画面のiPhoneを比較した時、大画面を使ってみたいと思います。
日常で実際、電話で使うことがほぼ皆無です。

しかも電話の時はスピーカー又はイヤホンで話すので、iPhone自体を耳のそばに持ってくることは、あまりありません。

それよりも、ネットした際の見やすさや、動画を見た時の見やすさで、
大画面のほうがいいなーっと、思います。

まぁ、過去にも何度か同じこと書きましたけど。。。(^^;

ただ、心配なのはバッテリー持続時間です。
画面が大きくなることで、当然バッテリー消費が大きくなるでしょうから、あまりにもバッテリーライフが短くなると逆に使いにくいですよね。

大画面に期待です!

iPhone6ほかの期待は?


iPhone6-iPhonePlus-Noir-01-990ba
iPhone6に期待する他の機能はどうでしょうか?

・128GBストレージ
・Retinaプラス
・NFC利用のおサイフケータイ
・ワイヤレス充電

また、次世代無線通信で、周波数を束ねた大容量データ通信ができる技術をAppleはドコモと共同で開発していることは、ご存知の通りです。

⇒過去記事:iPhone6は4.8〜6インチ大画面で来年夏に登場。ドコモの出番なのか。

この部分についても、楽しみですよね(^^)