00-3

SIMフリーのiPhone5s(指紋)とiPhone5c(カラー)がAppleストアオンラインで発売されているニュースでもちきりですね。
ソフトバンクの孫さんが一番恐れていたことが来た、と言えそうです。
本体を一括購入して、気軽にモバイル通信をチョイス出来るようになるからですね。
では、SIMフリーのiPhoneですが、具体的にどのようなメリットがあるのでしょうか?
私自身もよく分かっていなかったので疑問に思い、調べてみました。

トータルの維持費はSIMフリーで安くなる?


ソフトバンク新規の場合は、iPhone5sの16GB本体の価格は68,040円です。
2年縛りで実質0円になるので、ホワイトプランやS!ベイシック、パケットし放題フラットをチョイスした場合の月額は6,775円です。

002

SIMフリー版で使うモバイル通信は、OCNモバイルONEというのがいいらしいです。
SIMフリーのiPhone5s16GBの価格は、71,800円。
24ヶ月で割ると、1ヶ月2,991円

OCNモバイルONEの最低料金は1日30GBの通信容量ですが、980円です。
本体と合わせて、月額3,971円になります。

モバイルデータをソフトバンクと合わせて月7GBタイプに変更した場合は、1,980円です。
iPhone本体と合わせて、月額4,971円となります。

ソフトバンク利用時の6,775円と比較すると安いのが分かります。

_AA300_
もちろん、SIMフリー版のiPhone5sは2年縛りなどありません。
分かりやすく、24ヶ月として本題価格を計算してみました。

OCNモバイルONE・月額980円


bnr_one_130829
980円タイプは、SIMだけアマゾンや楽天で購入できるのでお手軽ですよね。
プランも毎月自由に変更でき、必要な場合は、上位版の月7GBになる1,980円になる。

ちょっと面倒のように感じますが、仕組みを理解すれば、
低コストのモバイルデータ通信を利用できるようになります。

ただし、音声はOCNモバイルONEに含まれないので、アプリで補う必要がありそうです。
キャリアメールもないようなので、これもGメールなどの代替になるでしょう。

lte
日本通信のSIMであれば、音声も可能なようなのですが、
面倒なので調べていません。。。(^^;

古いiPhoneのSIM解除されていないものであっても、SIM解除のアダプターというものがあるらしいです。
調べてみると、色々と便利なものがあるみたいですね。

これについては、SIM下駄という俗名で呼ばれたりしているらしいのですが、
使えたり使えなかったりと不安定のようで、面倒なので詳しく調べていません。。。(^^;

キャリアに縛られないモバイル環境


SIMフリー化することで、キャリアの料金プランに縛られない、
自由な料金設定を自分でチョイスする事ができて、しかも月額を低価格で利用できる。

04
どのデータ通信が便利なのか、低価格なのか。
どのタイプのSIMが音声OKで、どれが音声NGなのか。

毎月のデータ容量の違いは、自分のモバイル使用環境にマッチしているのか。
などなど、自分で調べて試行錯誤しつつ行える人にとっては、SIMフリー化は、お得なメリットをもたらすといえると思いました。

上記の仕組みを理解するのが面倒で、多少高いお金を払っていても面倒がなくて良い。
または、安定したサービスを受けたいという方は、キャリアのサービスをそのまま使うということになるのかも知れませんね。

通常の場合は、キャリアから購入するのが当たり前で、2年縛り料金なので、
すぐには抜けられないのだと思いますが。

選択肢の幅が増えるのは、良いことだと思いました。

これからiPhone5sやiPhone5cを購入する方は、
SIMフリーをチョイスする方が増えるのかもしれません。

月額が圧倒的に安くなりますからね。
月額980円のSIM詳細を見る