video_touch
techcrunch.comによると、iPhone5s(指紋)の販売は好調で、iPhone全モデルの10%を越えたと伝えています。
また、iPhone5c(カラー)は、不振に思われている人も多いようですが、実際には好調に売れているようです。

iPhone5sは3倍の早さで導入される



3倍の早さというのは、iPhone5比率となるようです。

昨年(2013年)は週に0.25〜0.5%の成長でしたが、今年(2014年)のiPhone5s(指紋)は、その3倍の導入速度だということ。

iPhone5c(カラー)は「5」と同じ成長速度


c1
iPhone5s(指紋)は、相変わらず速いスピードで成長しているようですが、iPhone5c(カラー)も好調に売れているようです。

そして、iPhone5c(カラー)は、スマートフォン市場の中間層の取り込みという大事な役割を果たしている、ということ。

iPhone5cの絶対量の是非はわかりませんが、Appleの狙い通りということなのでしょうか。
さらに、iPhone5cは今使っている端末の契約が切れてから、徐々に買い替え需要が出てくると思われます。

つまり、販売成績としては、遅咲きになるだろう、っと伝えています。
心強いコメントですね!

34
Appleのモバイル事業は、これからまだ成長の余地がある、としています。

hero
次のApple業績発表は、2014年1月下旬です。
第一四半期(2013年10月〜12月)というボリュームの大きな数字を見ることができる決算発表なので、iPhone5sとiPhone5cがどのように貢献しているのか。


楽しみですね!