no title
macrumors.comによると、Appleは曲面ディスプレイの特許を取得したようです。
2010年の11月に出願されていた特許です。
単なる曲面ガラスではななく、曲面ガラスのタッチセンサーなので、その感度が難しいと、伝えています。

曲面で視野を広く確保


curvedpatent1
なぜ、曲面にする必要があるのか?
それは、視野を広くすることで、画面を見やすくするということらしいです。

平面よりも面積が大きくなるからなのでしょうか。
視野特性の恩恵を受ける」と書いてあるので、たぶん、そういうことだと思います。

逆にデメリットも有り、
へこんだ曲面ではなく、出っ張った曲面なので、キズがつきやすかったり、中のタッチ部分のデリケートな基板や薄膜が破損する可能性を指摘しています。

curvedpatent2
また、カーブタッチセンサーになった場合は、
サファイアガラスも曲面にできるのでしょうか?

気になりますよね。

iPhone6用か、iWatch用か?


lte_wireless
特許のカーブタッチセンサーですが、iPhone6に使われるのでしょうか?
あるいは、iPhone6s(仮名)以降になるのかもしれませんね。

記事のコメント欄を見ると、カーブタッチセンサーは、iPhoneやiPad用ではなく、
iWatchのようなウェアラブル端末用ではないのか?という書き込みもありました。

真偽の程は不明ですが、特許はAppleが取得したのは間違いないようです。

ただ、色々な可能性の一つとして特許を取得しても、
製品には反映されないこともありますので、必ずしもカーブタッチセンサーが登場するのかは、全くわからない状態です。