2013年の3月14日〜3月21日に行われた、デジタル機器保有率調査では、パソコンがダントツの1位で、次はガラケー、次はスマートフォンになっています。
まだ、ガラケーの方が多い状態で、1〜2年でスマホと逆転すると見られています。スマホは年代によりだいぶ保有率が違いますが、やはり若い人ほど多いようです。
ソース元:markezine.jp続きを読む